大学受験予備校の選び方と学び方

適切なコースを選ぶための基本

現役高校生の指導に特化した教室のセールスポイント適切なコースを選ぶための基本その時の状況に合わせて学習計画を見直すことも必要

入学前に説明会に参加したり実力テストで学力を把握することが、適切なコースを選ぶための基本です。
資料請求サービスを利用して様々な予備校の指導内容や学費を調べることも重要ですが、個別相談会でアドバイスを受けるのが理想的です。
専門のカウンセラーが常駐している予備校であれば、受験や進路に関する不安もその場で解決できるので安心です。
入学して授業に参加するときには、予習と復習を十分に行うことが大切です。
とりわけ苦手科目の克服が学力アップの前提条件であり、その日のうちに授業の内容を総復習するべきです。
授業を受けるときに黒板に書かれた内容や先生が教えてくれた内容を丁寧にノートに書き留めておくと、自宅での学習もスムーズに行えるようになります。
苦手な科目や単元と向き合って学習を進めるのはハード作業ですが、基本を繰り返し学び直すと誰でも実力を高められます。
偏差値が低い科目は成績アップの余地が大きいので、苦手科目を中心に勉強を進めるメリットは大きいです。
一方でトップレベルの大学に受かるためには、早めに応用力を高める必要もあります。
本科コースの授業に加えてオプションでハイレベルな単科クラスにも出席すると、偏差値70前後の大学受験に必要な内容も計画的に学ぶことができます。
特に国公立大学の二次試験では論述式問題が頻繁に出題されるために、答案の作成にターゲットを絞ったオプション授業が役立ちます。
論述問題の指導で実績のある講師は採点のポイントも教えてくれるので、合格に必要なテクニックを身につけたいときにも役立ちます。
また医学部を受ける高校生や浪人生にふさわしいのは、個別指導やマンツーマンコースがメインの教室です。
受験指導のキャリアが20年以上のベテラン講師から直接指導を受けると、中学生レベルから医学部入試の水準まで学力を高めることも可能です。

母校に来た (@ 北九州予備校 小倉駅校 in 北九州市, 福岡県) https://t.co/HIGudOYt3c pic.twitter.com/RD5zbHMA3u

— もはみん (@mohamoha_min) 2018年12月22日